Thursday, December 31, 2009

Goodbye 2009

My album of the year: Depeche Mode Sounds of the Universe Box Set, of course.

Goodbye 2009.



Wednesday, December 30, 2009

IPSJ 195th SIG-NL / 97th SIG-FI workshop program

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
情報処理学会 第195回自然言語処理研究会・第97回情報学基礎研究会
合同研究発表会 講演プログラム
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎日程: 2010年1月28日(木), 29日(金)
◎会場: 筑波大学 東京キャンパス大塚地区 G501教室
    http://www.tsukuba.ac.jp/access/otsuka_access.html
◎発表時間: 1件30分 (発表20分,質疑10分)
◎照会先:
*研究会に関する問い合わせ先:
自然言語処理研究会幹事
乾健太郎(奈良先端科学技術大学院大学)
e-mail: inui(at)is.naist.jp

情報学基礎研究会幹事
辻慶太(筑波大学)
e-mail: keita(at)slis.tsukuba.ac.jp

*会場に関する問い合わせ先:
辻慶太(筑波大学)
e-mail: keita(at)slis.tsukuba.ac.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1月28日(木)
 13:30-15:00 解析・翻訳(3)
 15:15-16:15 言語分析他(2)
1月29日(金)
 10:00-11:30 ソーシャルメディア(3)
 13:00-14:30 言語インタラクション(3)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ 1月28日(木) 13:30-15:00 解析・翻訳(3)

意味素に基づく隠喩の名詞句“AのB”の意味解析
栗原健(徳島大学),松本和幸(徳島大学),土屋誠司(同志社大学),任福継
(徳島大学)
隠喩の名詞句“AのB”を対象とした隠喩辞書を独自で構築し,その辞書との比較
を行うことで隠喩の名詞句“AのB”の意味解析を行う.

“えもにゅ”における短文の感情推定について
小川拓貴(徳島大学),松本和幸(徳島大学),任福継(徳島大学)
単語や記号の持つ言語的意味と感情との関係に着目し,単語1-gramを素性として
SVMによりつぶやきや一言から感情推定を行った.

単語情報及びフレーズによる大局的情報を用いた機械翻訳自動評価手法
小山田崇(北大),越前谷博(北海学園大学),荒木健治(北大)
本発表では,文レベルの翻訳自動評価の精度向上のためにMT訳と参照訳における
単語レベルの対応関係と一般化したフレーズレベルの対応関係の両方を考慮した
新たな手法を提案する.

■ 1月28日(木) 15:15-16:15 言語分析他(2)

人類言語はデジタル通信である
得丸公明(システム・エンジニア)
動物の通信はアナログ符号語を用いているが,人類の言語はデジタル符号語を用
いており,情報源と通信路の符号化が行われているデジタル通信であることにつ
いての検討.

撮影地探索システムにおける地理的位置を優先した探索手法
菊池俊作(芝浦工業大学),鈴木徹也(芝浦工業大学)
風景写真への位置情報付与支援に用いる遺伝的アルゴリズムに,地理的位置を考
慮した探索手法を導入し探索効率向上を図った.

■ 1月29日(金) 10:00-11:30 ソーシャルメディア(3)

新聞記事とコミュニティQAを対象とした詳細な意見分析コーパスの作成と分析
関洋平(豊橋技科大),神門典子(NII),稲垣陽一(きざし),栗山和子(白百
合女子大)
NTCIR意見分析コーパス(新聞)とBCCWJコーパス(国語研,その中のYahoo!知恵
袋)を対象とし, Appraisal Theory に基礎をおく意見情報のアノテーションと
分析を進め,情報アクセス技術を実現する上で,必要となる意見の傾向を明らか
にする.

Q&Aサイトにおける質問と回答の分析(3):利用者の質問・回答履歴を中心に
栗山和子(白百合女子大),神門典子(NII)
本研究では,QAサイトにおける質問と回答の関係について調べるため,Yahoo!知
恵袋のデータを用いて,利用者の質問・回答履歴および質問・回答内容を分析し,
質問に適合する回答の要件について考察する.

Q&Aサイトにおけるベストアンサー推定可能性の検証
石川大介(NII),栗山和子(白百合女子大学),関洋平(豊橋技術科学大学),
神門典子(NII)
本研究では,Yahoo!知恵袋データを利用して人間の被験者(2人)によるベストアン
サー推定実験を行った.質問・回答の傾向が異なる複数のカテゴリーから各50問
を被験者らが推定した結果を報告する.

■ 1月29日(金) 13:00-14:30 言語インタラクション(3)

オンラインゲームにおけるコミュニケーション支援のためのWebを用いた情報抽出
高松雅彦(北大),荒木健治(北大)
オンラインゲームにおけるユーザ間コミュニケーションの支援を可能とするシス
テムを提案する.

複数の対話システムからの応答候補文を用いた最適応答文選択手法の性能評価
今井健太(北大),ジェプカ ラファウ(北大),荒木健治(北大)
複数の対話システムにより生成された応答候補を評価し,入力に対して最も適切
なものを選択することにより,より良い応答を行う手法を提案する.

対話システムにおける対話履歴要約の有効性について
福田彩子(北大),荒木健治(北大),ジェプカ ラファウ(北大)
ユーザの過去の対話内容と関連を持つ発話に対し,システムの対話履歴の要約を
用いた応答が有効であることを確認する.

Wednesday, December 23, 2009

MSRA Band@MSRA

It's too cold outside to take a taxi to the studio,
let's just practice in the conference room:




No complaints from colleagues so far...

Tuesday, December 22, 2009

IPSJ SIG-IFAT on twitter

Follow IFAT!
Most tweets will be in Japanese, though.

Monday, December 21, 2009

MSRA Song Part I

MSRA Song Part I

words and music by Tetsuya Sakai


Well we come from different parts of the world
But home is where the heart is
We're here to cast a rainbow together

MSRA MSRA
Where people work so hard but remember to have fun
MSRA MSRA
You take my breath away

We're young and beautiful, old and handsome
Enfold us in an embrace
Let's turn the world with the power of love

MSRA MSRA
Where people are friendly, they reach out their hands for you
MSRA MSRA
I feel so warm today

du du du...

MSRA MSRA
Where people work so hard but remember to have fun
MSRA MSRA
You take my breath away

MSRA
Where people are friendly, they reach out their hands for you

#IFNDEF HUMOUR

MSRA MSRA
That's where I work every day

#ELSE

MSRA (And I hope and I pray) MSRA
(That we will see) MSRJ some day

#ENDIF

Thursday, December 10, 2009

CFP: 98th IPSJ SIG-FI/IFAT 97th SIG-DD, IEICE LOIS

情報処理学会 第75回デジタルドキュメント研究会・第98回情報学基礎研究会・
電子情報通信学会ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会
合同研究発表会
開催のご案内と発表募集

日程 2010年3月4日(木)・5日 (金)
会場 沖縄県青年会館
http://www.okinawakenseinenkaikan.or.jp/new/news.php

テーマ:不均質なライフログからのデータマイニング および一般

【趣旨】

現在、人々の実生活の中で発生する購買履歴、移動履歴等のデータや、写真
共有サイトやブログ・SNS等のソーシャルメディアに書き込まれるデータ等、
多種多様なデータが膨大なライフログとして蓄積されつつあります。こうし
た中で、これらのライフログの中から有用な知識を発見し活用することがホッ
トな研究テーマとなっております。

しかし、これらのライフログデータは一般に、多言語、マルチメディアの不
均質なデータであり、このようなデータを対象とするデータマイニングは困
難な課題となっております。そこで、電子情報通信学会LOIS研究会と、情報
処理学会DD研究会とFI研究会が共同で、このような課題に関する研究会を企
画しました。関連する研究者の方、ご発表を検討くださいますようお願い致
します。

なお、上記以外の一般発表も通常通り募集いたします。自然言語処理・情報
学基礎に関する幅広いご発表をお待ちしています。


【日程】

・発表申込締切: 2010年1月16日
・原稿締切:   2010年2月 8日

・原稿ページ数制限予定: 6~8ページ
・発表時間予定: 1件25~30分
 (質疑応答を含みます.多少変わることもあります。)


【発表申込方法】

情報学基礎研究会にお申込の場合:
発表題目、発表者名(登壇者に○)、略称所属、概要(80字以上100字程度)、
発表申込者連絡先(住所、氏名、Tel、Fax、E-mail)、発表に必要な機材、
を明記の上、情報学基礎研究会の照会先(久寿居)まで E-mailでお申し込み
ください。

情報学基礎研究会に関する問い合わせ先:
久寿居 大 (NEC)
E-mail: kusui
at
ct.jp.nec.com


デジタルドキュメント研究会にお申込の場合:
http://sigdd.sakura.ne.jp/index.php?title=%E7%AC%AC75%E5%9B%9E%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A

ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会にお申込の場合:
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=LOIS&layout=&lang=l
(LOISは他学会であるため締切日等が異なり、予稿集も別となります。
詳細はLOISホームページでご確認ください)


【研究会ホームページ】

最新情報は各研究会ホームページに掲載予定です。

  * 情報学基礎研究会
   http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/fi/
  * デジタルドキュメント研究会
   http://sigdd.sakura.ne.jp/
  * ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会:
   http://www.ieice.org/iss/ois/jpn/


【発表申込み及び電子化に関する補足】

 * ★ 受け付けは先着順で行なっております。
  締切間際になりますと、申し込み件数によりましては次回の研究会にま
  わって頂くようお願いする場合がございます。申し込みを予定しておら
  れます方はなるべく早めにお申し込み下さい。
 * ★ 締切り後の発表キャンセルは原則としてできません。
  発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合にはなるべく早くご連
  絡ください。発表申込後、学会が提示する原稿提出締め切りまでに原稿
  が到着しない場合には、幹事団の判断により発表を取り消しさせていた
  だくこともあります。
 * ★ 論文提出締切後の原稿差し替えはできません。
 * ★ 研究報告のペーパーレス化
  研究会はペーパーレスでの開催となり、印刷した研究報告の配布を行い
  ません.また、特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週
  間早まりますので、ご留意ください.
   o [研究会にご登録されている方]
    研究会発表の研究報告が研究会当日1週間前よりBookPark:
     http://www.bookpark.ne.jp/ipsj/
    で閲覧できます。事前に研究報告PDFをご自分のPCにダウンロードし
    研究会にご持参ください。あるいは印刷してご持参ください。
    ※BookParkのご利用にはBookPark上でのユーザ登録(無料)が必要
    です。登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。
   o [研究会にご登録のない方]
    当日研究会にUSBメモリの読めるPCをご持参ください。研究会会場に
    て、USBメモリからコピーすることで研究報告PDFを閲覧することが
    できます。
-------------------------------------------------------------------

Monday, December 7, 2009

Preliminary CFP: EVIA 2010

***** Preliminary CALL FOR PAPERS *****

The Third International Workshop on Evaluating Information Access
(EVIA 2010), a Satellite Workshop of NTCIR-8
http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-ws8/EVIA-2010/

June 15, 2010 at NII, Tokyo, Japan.
***************************************

Information Access technologies provide the interface between
human information needs and digital information resources. The
reliable evaluation of these technologies has been recognized for
decades as central to the advancement of the field. As information
retrieval becomes more pervasive, the forms of retrieval
more diverse, and retrieval tools richer, the importance of
effective, efficient, and innovative evaluation grows as well.
In recognition of the need for a forum dedicated to the intensive
discussion of evaluation issues, we have held two successful
International Workshops on Evaluating Information Access (EVIA
2007 and 2008). Proceedings and reports can be found below:

EVIA 2007 online proceedings:
http://research.nii.ac.jp/ntcir/workshop/OnlineProceedings6/EVIA/
EVIA 2008 online proceedings:
http://research.nii.ac.jp/ntcir/workshop/OnlineProceedings7/toc_evia.html

SIGIR Forum Report on EVIA 2007:
http://sigir.org/forum/2007D/2007d_sigirforum_sanderson.pdf
SIGIR Forum Report on EVIA 2008:
http://sigir.org/forum/2009J/2009j-sigirforum-sakai.pdf

Following these successes, we are happy to announce the Third
International Workshop on Evaluating Information Access (EVIA
2010) on June 15, 2010 (coinciding with Day 1 of the NTCIR-8
Workshop Meeting) at the National Institute of Informatics (NII),
Tokyo, Japan. We invite papers addressing one or more of the
following topics:

- Test collection formation, evaluation metrics, and evaluation
environments
- Statistical issues in retrieval evaluation
- User studies and the evaluation of human-computer interaction
in information retrieval (HCIR)
- Evaluation methods for multilingual, multimedia, or mobile
information access
- Novel information access tasks and their evaluation
- Evaluation and assessment using implicit user feedback,
crowdsourcing, living labs, or inferential methods
- Evaluation issues in industrial and enterprise retrieval
systems

*** SUBMISSION INSTRUCTIONS ***

Submissions will be subject to double-blind reviewing. Accepted
papers will be included in the EVIA 2010 online proceedings, and
summarized in a report to SIGIR Forum.

We invite submissions of regular papers (up to 9 pages) and
short papers (up to 5 pages).
Details will soon be announced on the EVIA 2010 website:
http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-ws8/EVIA-2010/

*** IMPORTANT DATES ***

- March 31, 2010 *submissions due*
- April 18, 2010 notification of acceptance
- May 10, 2010 final manuscripts due
- June 15, 2010 EVIA 2010@NII, Tokyo, Japan
- June 15-18, 2010 NTCIR-8@NII, Tokyo, Japan

*** EVIA 2010 PROGRAM COMMITTEE ***

Akiko Aizawa NII Japan
Javed Aslam Northeastern University USA
Nicholas Belkin Rutgers University USA
Ben Carterette University of Delaware USA
Charlie Clarke University of Waterloo Canada
Georges Dupret Yahoo! Research Chile
Norbert Fuhr Universitaet Duisburg-Essen Germany
Atsushi Fujii Tokyo Institute of Technology Japan
Donna Harman NIST USA
Hideo Joho University of Tsukuba Japan
Gareth Jones Dublin City University Ireland
Noriko Kando NII Japan
Evangelos Kanoulas University of Sheffield UK
Jaana Kekalainen University of Tampere Finland
Mounia Lalmas University of Glasgow UK
Gary Geunbae Lee POSTECH Korea
Mun-Kew Leong National Library Board Singapore
Jimmy Lin University of Maryland USA
Chin-Yew Lin Microsoft Research Asia China
Iadh Ounis University of Glasgow UK
Carol Peters IEI-CNR Italy
Ian Ruthven University of Strathclyde UK
Tetsuya Sakai Microsoft Research Asia China
Mark Sanderson University of Sheffield UK
Falk Scholer RMIT University Australia
Ian Soboroff NIST USA
Paul Thomas CSIRO Australia
William Webber University of Melbourne Australia
Emine Yilmaz Microsoft Research Cambridge UK

*** EVIA 2010 CO-CHAIRS ***

William Webber (University of Melbourne, Australia)
wew at csse.unimelb.edu.au
Mark Sanderson (University of Sheffield, UK)
m.sanderson at sheffield.ac.uk
Tetsuya Sakai (Microsoft Research Asia, China)
tetsuyasakai at acm.org

Thursday, December 3, 2009

Invited Talk at IUCS 2009 tomorrow

I'm in Japan for the 100th time this year.
Tomorrow - talk at the conference, and then get drunk with some Microsoft colleagues. (Or is it the other way round?)
I don't blog too often but I do tweet at the office.
Both are blocked by the Great Wall in China.
So my blog entries tend to be travelogues posted from outside China these days.

Tuesday, December 1, 2009

MY IMPORTANT DATES late2009-2010 v0.1


Dec 04 invited talk at IUCS 2009 [Tokyo 日本科学未来館]
Dec 21 IPSJ SIG{FI,NL} 申込締切
Jan 04 IPSJ SIG{FI,NL} 原稿締切
Jan 06 NTCIR-8 ACLIA topics released
Jan 15 SIGIR 2010 full paper abstracts due
Jan 16 IPSJ SIG{FI,DD} + IEICE LOIS 申込締切
Jan 20 NTCIR-8 ACLIA IR4QA runs due

Jan 22 SIGIR 2010 full papers due
Jan 22 RIAO 2010 reviews due
Jan 25-31 SIGIR 2010 SPC assign papers to reviewers
Jan 28-29 IPSJ SIG{FI,NL} [Tokyo 筑波大大塚キャンパス]
Feb 05 RIAO 2010 acceptance notification
Feb 08 IPSJ SIG{FI,DD} + IEICE LOIS 原稿締切
Feb 12 SIGIR 2010 posters due
Feb 26 SIGIR 2010 1st-tier reviews due
Mar 01 RIAO 2010 camera-ready copies due
Mar 03 NTCIR-8 ACLIA IR4QA evaluation results released
Mar 04-05 IPSJ SIG{FI,DD} + IEICE LOIS [Okinawa 沖縄県青年会館]
Mar 14-21 SIGIR 2010 online PC meeting
Mar 17 NTCIR-8 ACLIA overview drafts released
Mar 24 SIGIR 2010 acceptance notification
Mar 31 EVIA 2010 submissions due
Apr 01 EVIA 2010 papers assigned to reviewers
Apr 01 NTCIR-8 ACLIA participant papers due
Apr 16 EVIA 2010 reviews due
Apr 18 EVIA 2010 acceptance notification
Apr 23 NTCIR-8 ACLIA feedback from organisers to participants
Apr 28-30 RIAO 2010 [Paris]
May 02 CLEF 2010 submissions due
May 10 EVIA 2010 final manuscripts due
May 15 NTCIR-8 ACLIA final manuscripts due
May 28 CLEF 2010 review deadline
Jun 15 EVIA 2010 [Tokyo]
Jun 15-18 NTCIR-8 [Tokyo]
Jul 18-23 SIGIR 2010 [Geneva]
Oct 25-29 CIKM 2010 [Toronto]
Dec 1-3 AIRS 2010 [Taipei]

Monday, November 30, 2009

Three Screens And A Cloud

This is a song I wrote for the MSRA Band.

Three Screens and a Cloud

Words and Music by Tetsuya Sakai


Woke up to find a brand new day
There's something in the air
Like an electronic message from above

Now I can see The Road Ahead
Clear as the Beijing sky
See all the Windows are open to show me the cloud

And I feel like talking to the cloud
With my mobile devices
I rely on the wisdom of the crowd
It's the power of our voices

Wherever I go I'm online
With my machines and my friends
When I'm alone they always back me up

I'm growing wings to touch the sun
I feel so light and free
All of my data and services are in the cloud

And I feel like walking through the screens
Of my TVs and PCs
Come on take me to places I've never been
Show me skies, mountains and seas

And I feel like talking to the cloud
With my mobile devices
And I feel like walking through the screens
Of my TVs and PCs
Come on take me three screens and a cloud
Show me skies, mountains and seas

Friday, November 27, 2009

CFP: JCDL 2010 (right after EVIA 2010 / NTCIR-8)

Call for Papers

Joint Conference on Digital Libraries JCDL 2010

June 21-25, 2010 Gold Coast, Queensland, Australia.

http://www.jcdl2010.org

Sponsored by ACM SIGIR, ACM SIGWEB, ASIS&T, and IEEE-CS TCDL

The ACM/IEEE-CS Joint Conference on Digital Libraries (JCDL) is the
major international research forum focused on digital libraries and
associated technical, practical, and social issues. JCDL encompasses the
many meanings of the term "digital libraries", including (but not
limited to) new forms of information institutions; operational
information systems with all manner of digital content; new means of
selecting, collecting, organizing, distributing, and evaluating digital
content; and theoretical models of information media, including document
genres and electronic publishing. Digital libraries are distinguished
from information retrieval systems because they include more types of
media, provide additional functionality and services, and include other
stages of the information life cycle, from creation through use. Digital
libraries can also be viewed as an extension of the services libraries
currently provide.

The theme of JCDL 2010 is "Digital Libraries - 10 years past, 10 years
forward, a 2020 vision-". This theme reflects the fact that the context
in which digital libraries were originally conceived has significantly
changed in the context of new information models embodied in Web 2.0 and
popular social networking applications. In this spirit, we are
especially interested in papers that address and demonstrate new models
of collaborative, participatory information interaction increasingly
ubiquitous in the Web 2.0 context.

JCDL 2010 invites submissions of papers and proposals for posters,
demonstrations, tutorials, and workshops that will make the conference
an exciting and creative event to attend. As always, the conference
welcomes contributions from all the fields that intersect to enable
Digital Libraries. Topics include, but are not limited to:

- Collaborative and participatory information environments

- Cyberinfrastructure architectures, applications, and deployments

- Data mining/extraction of structure from networked information

- Digital library and Web Science curriculum development

- Evaluation of online information environments

- Impact and evaluation of digital information in education

- Information policy and copyright law

- Personal digital information management

- Retrieval and browsing

- Social networks and networked information

- Social-technical perspectives of digital information

- Studies of human factors in networked information

- Systems, algorithms, and models for data preservation

- Theoretical models of information interaction and organization

- Visualization of large-scale information environments


Important Dates

All papers are due Monday, January 25, 2010 at 5 PM EST.

Demonstration submissions are due Monday, Feb 1, 2010 at 5 PM EST.

Tutorial proposals are due Monday, Feb 1, 2010 at 5 PM EST.

Poster submissions are due Monday, Feb 8, 2010 at 5 PM EST.

Workshop proposals are due Monday, Feb 15, 2010 at 5 PM EST.

Notification of acceptance to authors by March 15, 2010.

Doctoral consortium abstracts are due Wednesday, March 31, 2010.



Submission and Formatting Instructions are available at:

http://www.jcdl2010.org/submitformat.php

Tuesday, November 24, 2009

CFP: IPSJ 97th SIG-FI(IFAT) + 195th SIG-NL

発表募集

情報処理学会 第195回自然言語処理研究会・第97回情報学基礎研究会
合同研究発表会

日程 2010年1月28日(木)・29日 (金)
会場 筑波大学 東京キャンパス大塚地区 G501教室
http://www.tsukuba.ac.jp/access/otsuka_access.html

テーマ:ソーシャルメディアの言語処理と情報アクセス および一般


【趣旨】

TwitterやオンラインQ&Aサイトに代表されるように、近年、一般ユーザによ
るソーシャルメディアの利用が活発化しています.これらのテキストデータ
には、タイムスタンプ・著者情報・スレッド情報などのメタデータが付随し
ており、また極端に短い文章や独特の表記・表現が多く存在し、言語処理技
術者や情報アクセス技術者に新たな研究課題をつきつけています.そこで今
回は、自然言語処理研究会と情報学基礎研究会(2010年度より「情報基礎とア
クセス技術研究会」に改称予定)が共同で、特にソーシャルメディアの言語処
理・情報アクセス技術に着目した研究発表を募集します.

また、上記特別セッション以外の一般セッションでの発表も通常通り募集い
たします.自然言語処理・情報学基礎に関する幅広いご発表をお待ちしてい
ます.


【日程】

発表申込締切: 2009年12月21日24:00
原稿締切:   2010年 1月 4日24:00
       (締切日時が当初予定から変更されました.)

原稿ページ数制限予定: 6~8ページ

発表時間予定: 1件25~30分
       (質疑応答を含みます.多少変わることもあります.)


【発表申込方法】

自然言語処理研究会にお申込みの場合:
次の研究会窓口でお申し込みください:
発表申し込みページ: http://nl-ipsj.r.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/NL195cfp.html

自然言語処理研究会に関する問い合わせ先:
乾 健太郎 (奈良先端科学技術大学院大学)
E-mail: inui
at
is.naist.jp


情報学基礎研究会にお申込の場合:
発表題目、発表者名(登壇者に○)、略称所属、概要(80字以上100字程度)、
発表申込者連絡先(住所、氏名、Tel、Fax、E-mail)、発表に必要な機材、
を明記の上、情報学基礎研究会の照会先(辻)まで E-mailでお申し込みく
ださい.

情報学基礎研究会に関する問い合わせ先:
辻 慶太 (筑波大学)
E-mail: keita
at
slis.tsukuba.ac.jp


【研究会ホームページ】

最新情報は各研究会ホームページに掲載予定です.

自然言語処理処理研究会:
http://nl-ipsj.r.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/

情報学基礎研究会:
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/fi/


【発表申込み及び電子化に関する補足】

★ 受け付けは先着順で行なっております.
締切間際になりますと、申し込み件数によりましては次回の研究会にま
わって頂くようお願いする場合がございます.申し込みを予定しておら
れます方はなるべく早めにお申し込み下さい.

★ 締切り後の発表キャンセルは原則としてできません.
発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合にはなるべく早くご連
絡ください.発表申込後、学会が提示する原稿提出締め切りまでに原稿
が到着しない場合には、幹事団の判断により発表を取り消しさせていた
だくこともあります.

★ 論文提出締切後の原稿差し替えはできません.

★ 研究報告のペーパーレス化
研究会はペーパーレスでの開催となり、印刷した研究報告の配布を行い
ません.また、特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週
間早まりますので、ご留意ください.

[研究会にご登録されている方]
  研究会発表の研究報告が研究会当日1週間前よりBookPark:
  http://www.bookpark.ne.jp/ipsj/
  で閲覧できます。事前に研究報告PDFをご自分のPCにダウンロードし
  研究会にご持参ください。あるいは印刷してご持参ください。

  ※BookParkのご利用にはBookPark上でのユーザ登録(無料)が必要
   です。登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。

  [研究会にご登録のない方]
   当日研究会にUSBメモリの読めるPCをご持参ください.研究会会場に
   て、USBメモリからコピーすることで研究報告PDFを閲覧することが
   できます.

Monday, November 16, 2009

Special Session at WebDB Forum 2009

MSRAのインターンシップにご興味をお持ちの方は特別セッション
「インターンシップと産学連携の可能性」にご参加ください。
顔ぶれを見るとMSRA同窓会のような感じです。

EVIA 2010 important dates etc.

More updates on EVIA 2010 and AIRS 2010.

EVIA 2010 important dates:
- March 31, submissions due
- April 1 papers assigned to reviewers
- April 16 reviews due
- April 18 acceptance notification
- April 30 final manuscripts due
- June 15 EVIA 2010

We are now forming a PC.
Though the review period is very short,
each submission will be carefully reviewed by
at least three PC members.
A preliminary CFP will be distributed soon.


AIRS 2010 (hosted by National Taiwan University, Taipei)
will probably take place in December 2010,
to avoid conflicts with other IR/NLP conferences.


A couple of NEW IR conferences:
CLEF is no longer just a "European TREC" - CLEF 2010 is a conference.
IRF is also launching a new conference.


So many conferences.
I hope there won't be a SIGIR workshop on evaluation this year.

Thursday, November 12, 2009

WANTED

(ピンクレディー風に)

Wednesday, November 11, 2009

MSR Japan

Prof Kurohashi introducing the Science Cafe@Kyoto University (Nov 6)


MSR New England has only 10 researchers.
So if we gather 10 Japanese researchers at MSRA,
maybe we can form MSR Japan.
(We now have three: Yasuyuki Matsushita, Tetsuya Sakai
and Yuki Arase who will join us next April.)



Celebration after the two successful "Computing in the 21st Century" conferences

Tuesday, November 10, 2009

EVIA2010, AIRS2010, IPSJ SIG-IFAT...

Some updates.

- William Webber, Mark Sanderson and I have started
discussing EVIA 2010 (June 15, 2010, NII, Tokyo).
Will form a Program Committee soon.

- The next AIRS is going to be a full CONFERENCE rather than a symposium:
Asia Information Retrieval Societies (AIRS) conference.
AIRS 2010 will be hosted by National Taiwan University, Taipei.

- IPSJ SIG-IFAT (information fundamentals and access technologies)
will be one of the "AIR societies" mentioned above.
The IFAT membership fee for next year is going to be 3,150JPY.
(Up 210JPY from this year, but still it's very cheap!)
Please join IFAT!

Thursday, November 5, 2009

Monday, November 2, 2009

96th IPSJ SIGFI/37th Digital Libraries Workshop program

情報処理学会 第96回情報学基礎研究会
第37回ディジタル図書館ワークショップ
合同研究会

日 程: 2009年11月19日(木)
会 場: 筑波大学東京キャンパス(秋葉原地区)
(千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル14階)
http://www.lawschool.tsukuba.ac.jp/gaiyo/access.html

情報学基礎研究会
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/fi/

ディジタル図書館ワークショップ
http://www.dl.slis.tsukuba.ac.jp/DLworkshop/

◎ 照会先
宇陀則彦(筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科)
E-mail: uda
at
slis.tsukuba.ac.jp

◎ プログラム
----------------------------------------------------
セッション1 文献情報

[10:00-10:30] DLW
FRBRモデルを前提とする集中型目録と分散型目録の連携手法の検討
○田辺浩介、原田隆史(慶應義塾大学)

[10:30-11:00] DLW
分散システムでFRBRモデルの書誌レコードを管理する:
RESTful APIの設計と利用
○安藤 友晴(稚内北星学園大学)

[11:00-11:30] FI
国立国会図書館リサーチ・ナビにおけるテーマグラフの生成
○坂井哲、増田英孝(東京電機大学)、清田陽司、中川裕志(東京大学)

[11:30-12:00] FI
特許の引用情報にみられる論文情報の定量的分析のための開発
○小林義英,落合圭,橋本定幸,塩尻栄美子,山崎雅和,
栗原正昭,浜中寿,坂内悟,國谷実,治部眞里(JST)

----------------------------------------------------

[12:00-13:00] Lunch

----------------------------------------------------
セッション2 分析手法

[13:00-13:30] FI
視点の軌跡を用いた情報探索行動の包括的分析
○市村光広, 安蒜孝政(筑波大学), 寺井 仁(東京電機大学),
松村 敦, 宇陀 則彦, 逸村 裕(筑波大学)

[13:30-14:00] FI
Web上のexploratory searchの特徴:
発話プロトコルと事後インタビュー分析結果より
○三輪眞木子(放送大学), 江草由佳(国立情報政策研究所)
 齊藤ひとみ(愛知教育大学), 高久雅生(物質・材料研究機構)
 寺井仁(東京電機大学), 神門典子(国立情報学研究所)

[14:00-14:30] FI
Q&Aサイトにおける質問と回答の分析(2) --- 文の構造と属性を中心に ---
○栗山和子 (白百合女子大学) 神門典子 (国立情報学研究所)

[14:30-15:00] FI
接尾辞配列とディリクレ過程混合モデルを用いた
テキスト中の数値表現マイニング
○吉田稔, 佐藤一誠, 中川裕志(東京大学),
寺田昭(日本航空インターナショナル)
----------------------------------------------------

[15:00-15:30] coffee break

----------------------------------------------------
セッション3 システムモデル

[15:30-16:00] DLW
デジタルリポジトリオーバーレイによって実現する
Digital Mathematics Library
○行木孝夫、黒田拓(北海道大学)

[16:00-16:30] DLW
シボレスシステムを用いた属性連携基盤の開発
発表者名(登壇者に○)
○山地一禎, 片岡俊幸, 中村素典, 曽根原登(国立情報学研究所)

[16:30-17:00] DLW
ディジタル環境を指向したマンガの制作プロセスのモデル化と
それに基づく制作支援
○三原鉄也、杉本重雄(筑波大学)
----------------------------------------------------

Please join IPSJ SIG-IFAT (SIG-FI)

★ 情報処理学会 情報学基礎研究会(FI研)改称のお知らせ・研究会登録のご案内 ★

お邪魔いたします。情報処理学会 情報学基礎研究会(FI研)主査の酒井と申します。
FI研は、2010年度より「情報基礎とアクセス技術研究会
(IFAT=Information Fundamentals and Access Technologies=アイファット)」
に改称します。
これを機会に、FI/IFAT研の会員でない方は是非ご登録ください!
平成2009年度の研究会登録費はわずか2,940円(学会に入会されている方の場合)。
2010年度の登録費も同程度となります。

★研究会登録のメリット

以下が無料になります:
- 当研究会の研究発表会(年4回)への参加
- 当研究会の研究報告(IPSJ SIG Technical Reports)の閲覧
- 情報処理学会論文誌TOD (Transactions on Databases)の閲覧
さらに、当研究会主催の「情報アクセスシンポジウム」参加費が
無料もしくは割引適用となります。

詳細はFI/IFAT研ホームページをご覧ください:
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/fi/

★FI/IFAT研の対象分野

本研究会では、情報そのもの・情報の扱い方・および情報要求をもったユーザを
研究対象とし、情報をとりまく種々の現象の原理を追究する。
以下の分野もしくは関連分野の基礎理論および応用を扱う。
情報・ユーザのモデル化、情報の組織化・構造化・管理、
情報アクセス・マイニング
(情報検索、質問応答、要約、分類、抽出、推薦、意見・動向分析、可視化など)、
多言語・ウェブ・モバイル情報処理、
メタデータ/コンテンツの構築・検索・分類・管理、
電子図書館、知識発見・表現・組織化・活用、ユーザインタフェース。

★お問い合わせ

酒井哲也 (Microsoft Research Asia)
tetsuyasakai
at
acm.org

Please join IPSJ SIG-IFAT!

Friday, October 30, 2009

RT: Computing in the 21st Century (Nov 4 Tokyo, Nov 6 Kyoto)

繰り返しになりますが、来週、
慶応大学(11/4)か京都大学(11/6)でお会いしましょう。
私が出演したプロモーションビデオも上映されると思います。
大学の方だけでなく、企業の研究者の方もwelcomeです
ここから事前登録できます。無料です!

Saturday, October 24, 2009

Otaru, or Failure to Capture the Underlying Information Needs

MY QUESTION:
Is there a convenience store near here?
HOTEL CLERK:
No, there isn't.

(But it turns out that there is a supermarket
inside the hotel complex. I bought a bottle of water there.
That was all I wanted. Why didn't she mention the supermarket?)

MY QUESTION:
How do I get to the Tengu Mountain Ropeway?
LADY AT TRAIN STATION INFO DESK:
Please take a bus at Platform #3.

(But it turns out that there are two Platform #3's.
Why didn't she tell me?
We nearly took the wrong bus.)

MY QUESTION:
Can we get a tax refund for this later at the airport?
LADY AT A GLASSWARE SHOP:
You can get it here.
MY QUESTION:
But can we get it later at the airport?
LADY AT A GLASSWARE SHOP:
You can get it here.
MY QUESTION:
(Are you one of those stupid AI systems from the seventies?)

This was my third visit to Otaru. Fourth? No thanks.
But we had good food and took good pictures.


View from the hotel room





Glassware factory





Gareth (right) and someone I don't know (left)




Friday, October 23, 2009

AIRS 2009 Day 3 (Boys Be Ambitious)


Liz and Chin-Yew


"Excellent luck" for me, thank you.







Thanks again to Prof Masaharu Yoshioka and Prof Takuya Kida -
they've done an incredible job as local organisers.

And so AIRS 2009 is over.

Thursday, October 22, 2009

AIRS 2009 Day 2




Jeffrey Paul's talk on mobile application marketplace.




Banquet: Excellent food!
Please browse on and regret that you didn't come to AIRS 2009.















The best paper award (the first ever at AIRS) was given
to Falk Scholer and Andrew Turpin.
The paper was selected because Falk's slides contained
zombies.

(Dear students - This is a joke by the way. A zombie in your
presentation usually does not get you a best paper award.)